不調の原因の一つは血流が握っている!|coco-bana* ココバナ 「未来のワタシに今できること」

不調の原因の一つは血流が握っている!

不調の原因の一つは血流が握っている!

不調の原因の一つは血流が握っている!

thumb-karada02-01

「女性外来」でさまざまな不調を抱える患者さまと接していると、血流の悪さが影響を及ぼしていることがわかります。肩こりや便秘、さらに生活習慣病にも関係する血流の悪さとは?

准教授 赤澤 純代先生

准教授 赤澤 純代先生

金沢医科大学 総合内科学
金沢医科大学病院 集学的医療部総合診療センター
女性総合医療センター 副センター長

2002年に石川県で初めてとなる女性外来を開設。初診は、一人30分と十分な診療時間とり、患者さまのお話を聞くことも治療の一環と考えている。女性の生涯にわたる健康サポートを行うべく力を尽くしている。

引用元
『血流美人』赤澤 純代 (著)

「女性外来」に訪れる、血流の悪い女性が増加中。

 女性の心と体の健康をサポートする、「女性外来」をご存じでしょうか。生理痛がひどい、片頭痛が治らない、更年期障害で苦しんでいるなど、女性特有の悩みに応えるための機関です。各専門診療科に紹介する前に、身体的な症状だけでなく、生活習慣や食生活、心理的な側面からのアプローチなど、臨床心理士を含めた各分野の専門家がチームを組んで、診療時にていねいにカウンセリングをしています。

 金沢医科大学の女性総合医療センターの「女性外来」では、さまざまな悩みを抱える女性が受診されます。多くの患者さまと接していると、共通している特徴が見えてきます。

 それは、とにかく女性の皆さんが「血流が悪くなっている」という悩みをかかえていること。

その不調はもしかして・・・?血流の悪さが及ぼす影響とは。

 多くの不調は、血のめぐりの悪さが関係しています。そもそもひどい肩こりや便秘などの毎日のつらい症状や、肌のくすみや肥満などの美容の悩みは、血流の悪さが原因となっています。最近では若い世代に、ストレスによる自律神経失調症や無理なダイエット、食生活の乱れ、不規則な生活によるホルモンバランスの崩れなどが原因で、息切れや動悸、気持ちの落ち込みなどといった不定愁訴の症状や、ひどいPMS(月経前症候群)、うつなどを訴える患者さまも。

 血流が悪くなることによって、直接的な影響が出てくるのが、「冷え」の問題。血のめぐりが悪い部分には老廃物がたまり、細胞は活発に働かず、結果的にその部分は冷えてしまいます。この「冷え」が、女性の体のさまざまな不調を招いているのです。

あなたの生活習慣が、知らず知らずのうちに血流を悪くしていませんか?

 普段の何気ない生活の中で、知らず知らずのうちに血のめぐりを悪くしているかもしれません。
次のチェックリストで、当てはまると思うものにチェックを入れてください。
生活習慣チェックリストPDFでダウンロード>

 いかがでしたか?5つ以上チェックがついたら、血流が悪い傾向にあります。もし14以上チェックが付いていたら、将来糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病にかかるリスクが高くなります。
 また病気にはならなくても、こういう生活習慣は太りやすいともいえるでしょう。血流を良くするために、まずは生活習慣を見直してみませんか。血のめぐりを良くすることが、健康に導く秘けつですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

2013年12月13日
専門家監修

不調の原因の一つは血流が握っている!

不調の原因の一つは血流が握っている!

thumb-karada02-01

「女性外来」でさまざまな不調を抱える患者さまと接していると、血流の悪さが影響を及ぼしていることがわかります。肩こりや便秘、さらに生活習慣病にも関係する血流の悪さとは?

准教授 赤澤 純代先生

准教授 赤澤 純代先生

金沢医科大学 総合内科学
金沢医科大学病院 集学的医療部総合診療センター
女性総合医療センター 副センター長

2002年に石川県で初めてとなる女性外来を開設。初診は、一人30分と十分な診療時間とり、患者さまのお話を聞くことも治療の一環と考えている。女性の生涯にわたる健康サポートを行うべく力を尽くしている。

引用元
『血流美人』赤澤 純代 (著)

「女性外来」に訪れる、血流の悪い女性が増加中。

 女性の心と体の健康をサポートする、「女性外来」をご存じでしょうか。生理痛がひどい、片頭痛が治らない、更年期障害で苦しんでいるなど、女性特有の悩みに応えるための機関です。各専門診療科に紹介する前に、身体的な症状だけでなく、生活習慣や食生活、心理的な側面からのアプローチなど、臨床心理士を含めた各分野の専門家がチームを組んで、診療時にていねいにカウンセリングをしています。

 金沢医科大学の女性総合医療センターの「女性外来」では、さまざまな悩みを抱える女性が受診されます。多くの患者さまと接していると、共通している特徴が見えてきます。

 それは、とにかく女性の皆さんが「血流が悪くなっている」という悩みをかかえていること。

その不調はもしかして・・・?血流の悪さが及ぼす影響とは。

 多くの不調は、血のめぐりの悪さが関係しています。そもそもひどい肩こりや便秘などの毎日のつらい症状や、肌のくすみや肥満などの美容の悩みは、血流の悪さが原因となっています。最近では若い世代に、ストレスによる自律神経失調症や無理なダイエット、食生活の乱れ、不規則な生活によるホルモンバランスの崩れなどが原因で、息切れや動悸、気持ちの落ち込みなどといった不定愁訴の症状や、ひどいPMS(月経前症候群)、うつなどを訴える患者さまも。

 血流が悪くなることによって、直接的な影響が出てくるのが、「冷え」の問題。血のめぐりが悪い部分には老廃物がたまり、細胞は活発に働かず、結果的にその部分は冷えてしまいます。この「冷え」が、女性の体のさまざまな不調を招いているのです。

あなたの生活習慣が、知らず知らずのうちに血流を悪くしていませんか?

 普段の何気ない生活の中で、知らず知らずのうちに血のめぐりを悪くしているかもしれません。
次のチェックリストで、当てはまると思うものにチェックを入れてください。
生活習慣チェックリストPDFでダウンロード>

 いかがでしたか?5つ以上チェックがついたら、血流が悪い傾向にあります。もし14以上チェックが付いていたら、将来糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病にかかるリスクが高くなります。
 また病気にはならなくても、こういう生活習慣は太りやすいともいえるでしょう。血流を良くするために、まずは生活習慣を見直してみませんか。血のめぐりを良くすることが、健康に導く秘けつですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします