幸せ女子は美腸女子 ≪べんの先生colum1≫|coco-bana* ココバナ

美腸チェック coco-bana*
若い女性ほど腸年齢が高齢化!? 

人間に年齢があるように、腸にも年齢があります。私たちは、赤ちゃんから成長して大人になり、やがて老いていきます。

こうした体の変化に合わせて、腸内環境も変わっていきます。それが「腸年齢」です。

実は、いまの若い日本人は、この腸年齢がとても高くなっています。実際の年齢は若いにもかかわらず、腸内は老人という人が多いのです。

以前、テレビの企画でウンチを調査した結果、実年齢20代の腸年齢は平均45.7歳、30代では51.3歳でした。

なかには実年齢25歳にもかかわらず、腸年齢が74歳と判定された「腸高齢者」もいました。

coco-bana* 現代の食生活

腸年齢は、年齢とともに上がっていくのが自然ですが、食事や生活習慣からも大きな影響を受けます。

つまり、腸年齢が高い人は、食生活に原因があると言えます。

若い人は、動物性脂肪の多い食事を好む傾向にあり、ファーストフードやスナック菓子ばかりを食べている人も多い。

このような人ほど、実年齢の2倍も3倍も腸が老けているのです。

 

あなたの腸年齢はいくつ?

腸年齢チェック coco-bana*

実際にあなたの腸年齢が何歳なのかみてみましょう。

coco-bana 腸年齢チェック

 

以下の質問に当てはまるものにチェックを入れてください。

 

【生活習慣に関する質問】

 トイレの時間が決まっておらず、不規則

 顔色が悪く、老けて見られる

 肌荒れや吹き出物がよくできる

 体を動かす習慣がなく、運動不足

 オナラが臭いと言われる

 タバコをよく吸う

 寝つきが悪く、寝不足ぎみ

 ストレスをいつも感じる

【食事に関する質問】

 朝食は摂らないことが多い

 朝は時間がなく、いつも慌しい

 食事の時間が不規則

 週に4回以上、外食をする

 野菜はあまり食べず、不足ぎみ

 肉が大好きで、よく食べる

 牛乳や乳製品はあまり食べない

 アルコールを毎日多く飲む

【トイレに関する質問】

 いきまないとウンチが出ないことが多い

 排便後もウンチが残っている感じがする

 ウンチが硬くて出にくい

 コロコロとしたウンチが出る

 ときどきウンチがゆるくなる

 ウンチの色が黒っぽい

 出たウンチが便器の底に沈むことが多い

 ウンチが臭いとよく言われる

 

腸年齢が高いとどうなるの?

さて、腸年齢チェックテストの結果はどうでしたか。

この調査を広く行った結果、食生活の乱れや運動不足の人ほど、腸内環境が悪化し、腸年齢の老化が早い傾向でした。

逆に、腸年齢が若い人ほど、健康状態がよく、体力も気力も実年齢よりも若い傾向にあることがわかりました。

腸年齢が若い人 coco-bana*

とくに、顕著なのが「肌」です。腸年齢が若い人ほど、肌年齢が若くきれいなのです。

また、女性にとって気になる肥満も、腸と強い関係があることがわかってきました。同じ食事量を摂っていても、太る人、太らない人がいます。

この違いには「腸内細菌」が深く関わっています。最近の研究では、腸内細菌のコントロールで体質まで変えられる可能性が出てきたのです。

腸内環境が肌や体重に影響を及ぼすことは、多くの女性が実感しているようです。

アンケートで、腸内環境の悪さによって、実際に影響があったことを聞いたところ、「肌が荒れる・肌の調子が悪くなる」と答えた人が45・9%、「体重が増える・太る」と答えた人が43・6%と上位を占めました。

腸年齢が高いと影響するのは、肌や肥満だけではありません。もっと深刻で重要な病気が隠れているのです。

食生活の欧米化や運動不足、ストレスなどから腸の老化が進んだことで、大腸がんや大腸ポリープ、過敏性腸症候群など、大腸に由来する病気が急激に増えています。

coco-bana* 腸年齢

「大腸がんなんてずっと年上の人がかかる病気でしょ」なんて無関心なのは危険。

若いうちから腸の健康を意識してください。腸が若返れば、肌がきれいになり、体重も適正になり、免疫力も高まります。

 


辨野義己 先生 coco-bana*  著者紹介:辨野 義己 (べんの よしみ)

国立研究開発法人 理化学研究所 イノベーション推進センター 辨野特別研究室(特別招聘研究員)、農学博士

専門領域: 腸内環境学、微生物分類学、日本臨床腸内微生物学会理事、(社)全国発酵乳・乳酸菌飲料協会理事、日本健康•栄養食品協会 学術アドバイザー、(財)ヤクルトバイオサイエンス研究財団評議員、国際嫌気性グラム陰性無芽胞桿菌分類命名小委員会委員など。

受賞には 日本獣医学会賞(1986年) 、日本微生物資源学会・学会賞 (2003年)、文部科学大臣表彰•科学技術賞(2009年)

著書には 大便通(幻冬舎)、整腸力(かんき出版)、大便力(朝日新聞出版)、腸内細菌が寿命を決める!(パル出版)、免疫力は腸で決まる!(角川新書)など多数。

 

辨野先生

ほかにもいろいろ!女子が気になるカラダのことはこちら

検索はこちら