【腸内フローラ特集vol.2】 腸内環境を整える驚きのパワー! ビフィズス菌(ロンガム種)|coco-bana* ココバナ

腸内環境を整える驚きのパワー!

ビフィズス菌(ロンガム種)

腸内フローラ特集 coco-bana*

腸内フローラの改善に関与する生きた微生物のことを「プロバイオティクス」と言います。
代表的なプロバイオティクスは、善玉菌としておなじみのビフィズス菌です。

ビフィズス菌は、酢酸などの代謝物質を豊富に作り、腸内環境を整える働きをします。
そればかりか、ビフィズス菌の一つビフィズス菌のロンガム種にはO-157の感染を予防する働きもあるのです。

今回は、ビフィズス菌の驚きのパワーについてお伝えします。

ビフィズス菌がO-157を予防する!

ビフィズス菌はヒトのおなかの中に5種類くらい棲みついていて、その中のひとつビフィズス菌のロンガム種に、に、腸管出血性大腸菌O-157の感染を予防する働きがあることが、最近の研究で判明しました。

これまでの「ビフィズス菌はおなかにいい」という漠然とした認識から、ビフィズス菌(ロンガム種)が持つ病原菌の感染予防メカニズムが明らかになったのです。

 

O-157感染を予防できるのは「ロンガム種」だけ

ところで、同じビフィズス菌なのにO-157の感染を予防ができたビフィズス菌とできないビフィズス菌がいました。

ビフィズス菌は、腸内にある糖質(主にオリゴ糖)や食物繊維を分解して代謝物質(酢酸や乳酸など)を産生しますが、唯一、果糖からも多量に酢酸を作り出せたのがビフィズス菌のロンガム種でした。

産生された酢酸が大腸上皮のバリア機能を高めることで、O-157の感染によって生じるはずの炎症が抑えられ、腸管に存在していた毒素が血中へ移行するのを防いでくれるのです。

大腸にきちんと届いて働くビフィズス菌(ロンガム種)が必要

大腸にきちんと届いて働くビフィズス菌(ロンガム種)が必要

酢酸と言えばお酢の成分だということをご存知の方も多いでしょう。
「酢酸がO-157の感染を予防するなら、食酢や黒酢を摂ればいいのでは?」と思いますよね。

でも、黒酢などの食品で摂れる酢酸は、ほとんどが小腸で吸収されてしまいます。
それでは大腸下部で起こりやすいO-157感染症を防ぐことはできないのです。

では、ビフィズス菌と同じ腸内の善玉菌として有名な「乳酸菌」を含むヨーグルトではどうでしょうか。
乳酸菌は腸内で乳酸をつくりますが酢酸をあまり産生しないため、O-157の感染予防効果は低いことが考えられます。

ビフィズス菌がしっかり大腸で働くことが、腸内環境を整えるうえで欠かせないとおわかりいただけると思います。

 

検索はこちら