女性の大敵、むくみを毎日の生活で対策しよう!

2014.01.08

女性の大敵、むくみを毎日の生活で対策しよう!

むくみって、どうして起きるの?どうすればケアできるの?
気にはなるけれど、対処法がわからないし、忙しいとつい放置しがち。
まずはむくみの正体を知って、しっかり対策しましょう。

半数以上の女性がむくみに悩んでいた!

立ち仕事をしていると、夕方になると脚がパンパン。お酒を飲んだ翌朝は、顔がなんだかはれぼったい…。そんな経験をしたことのある方は多いはず。
アンケートによると、女性の60.8%は「今までにむくみが気になったことがある」という結果が。中でも、「むくみが最も気になる部分は?」という問いには、58.6%の方が「ふくらはぎ」が最も気になると答えています。
そもそも「むくみ」とは、体を作っている細胞や組織のすきまに水分(体液)が余分にたまった状態をいいます。手や足だけでなく、顔や内臓など全身どの部分にでもみられる可能性があります。体に余分な水分をためこむのはイヤですよね。

どうしてむくみが起きてしまうの?

むくみはどうして起こるのでしょう?その原因には以下のことが考えられます。

上記項目の中から思い当たるところはありませんか?忙しい現代人の生活では、栄養バランスも崩れやすく、結果的にむくみやすい環境にあるかもしれません。
特に女性は男性よりも筋肉量そのものが少なく、また一般的に基礎代謝も少ないため、脚からの血流も心臓に戻りにくいのです。そのため、脚のむくみを訴える人が多い傾向があります。

むくまないよう、普段から気をつけることは?

むくみで悩まないためには、普段の生活から心がけたいことがあります。
むくみが気になる方は、以下の点に注意してみてください。

また、むくみの原因が単なる水太りではなく、体内から老廃物がうまく排出されずに起きていることがあります。その場合は利尿作用のある薬で、腎臓からの老廃物排出を促進する方法もあります。

昔からある生薬と呼ばれるものの中には、ジオウ(地黄)、ブクリョウ(茯苓)、ソウジュツ(蒼朮)など利尿作用のあるものもたくさんあります。セルフケアのひとつに取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事
recommend
pagetop