“1回6秒”の筋トレダイエットvol.10:境さんオススメ!自宅でセルフケアするときの必須アイテム

2019.08.20

これまで9回にわたりご紹介してきた“1回6秒”の筋トレダイエット。痩せたい部分の筋肉に6秒間ギュッと力を込めるだけという手軽さは、これまでダイエットを途中で断念してきた方にもかなり魅力的な方法なのではないでしょうか。

しかしながら、結果が出るまで続けられるかというと……、それはまた別の話!? 簡単に始められるからこそ、簡単にやめられるという落とし穴も。

そこで今回は、6秒筋トレの考案者である『Salon C』ビューティディレクターの境貴子さんに、モチベーションを保つコツとこれさえあればより効果的に自宅でダイエットできるという必須アイテムを教えていただきました。

最初にスマホで撮影して、自分の姿を直視すべし!

“1回6秒”の筋トレダイエットvol.10:境さんオススメ!自宅でセルフケアするときの必須アイテム

開口一番、「本当に痩せたいと思うなら、まず自分の現状の姿を直視することが大事!」と境さん。なるべく裸に近い状態になって、鏡の前に立って気になるところはどこなのかチェックすることから始めるべきといいます。

特に背中など、日頃自分ではなかなか目に付かないところをスマホで写真に撮ってみるのがオススメ。「こんなところにも、ぜい肉が付いていたのか!」とがっかりすることもあるかと思いますが、なんとかしなきゃという危機感も沸いてきます。

筋トレをするとカラダに必ず変化が表れます。2週間に一度程度でもかまわないので、続けられるペースで定期的に行うことが大切です。自分のカラダの変化に気づき、モチベーションアップにもつながりますよ。

6秒筋トレで2ヵ月で8キロ痩せた経験のある境さん。8キロという体重もそうですが、見た目の変化は2週間もすればすぐにわかるそう。見た目が変わると続けようという気にもなるもの。まずは“自分にスイッチを入れ”、記録をしていくことで続ける楽しみを見つけましょう。

フェイスタオルと腹巻きで筋トレの効率アップ!

日々の1回6秒の筋トレをより効果的にしたいなら、フェイスタオルを使った“ながらストレッチ”を筋トレの後にプラスすると良いそう。

“1回6秒”の筋トレダイエットvol.10:境さんオススメ!自宅でセルフケアするときの必須アイテム

フェイスタオルを両手で持って背中をゆっくりと伸ばすなど、静的なストレッチを行うと、凝り固まった筋肉がほぐれていきます。すると、血流や老廃物の代謝をより促してくれるので、一石二鳥です。

ポイントは、テレビを見ながらなど何かのついでに行うこと。回数も決めずに、その時に凝っているなぁと感じる部分がほぐれるまで、リラックスして行うと“気持ちいい”から続けられるそう。また、ベッドやソファにフェイスタオルを置いておくと習慣化しやすいのだとか。

さらに、血流や代謝をアップさせるためにもう1つ効果的なのが、腹巻き。女性にとって冷えは大敵ですが、腹巻きでおなかを温めると全身がポカポカしてくるので、血流や代謝アップはもちろん、腸の動きが良くなって便秘が改善したりとさまざまな面でメリットがあるそう。

“1回6秒”の筋トレダイエットvol.10:境さんオススメ!自宅でセルフケアするときの必須アイテム

シルクや綿、ウールなどの天然素材の腹巻きがオススメ! 蒸れにくくて快適です。理想は24時間着用ですが、寝る時だけでもOK。サロンのお客さまで、なかなか体重が落ちなかった方が、腹巻きなどで冷えを改善したところ、効果が出始めたことも。筋トレをしても痩せないという方は試してみるといいかも。

ヨーグルトなどで、たんぱく質を手軽にプラス!

“1回6秒”の筋トレダイエットvol.10:境さんオススメ!自宅でセルフケアするときの必須アイテム

そして、ダイエットと切っても切れないのが食事。でも、いくら痩せたいと思っても、食事を変えるのは正直かなりハードルが高いもの。そこで境さんがオススメするのが、いつもの食事に手軽なたんぱく質をプラスするというもの。

筋肉の元になるのはたんぱく質。たんぱく質をきちんと摂っていないと、筋肉量が落ちてしまい、せっかく6秒筋トレをしても筋力アップにつながりません。しかし、お魚やお肉などは調理の手間もかかるし、量的になかなか摂りづらいといった面も。

“1回6秒”の筋トレダイエットvol.10:境さんオススメ!自宅でセルフケアするときの必須アイテム

そこでオススメなのが、たんぱく質が豊富で低脂肪・低カロリーな、水切りヨーグルト。ギリシャヨーグルトとも呼ばれるもので、いくつかのメーカーから発売されています。これならコンビニでも購入できるので、続けやすいですよ。

誰でも始めやすい6秒筋トレですが、「最初はなかなか結果が出にくく、むしろ体重が増えることもあるかも」と境さん。しかし、2ヵ月続ければかなりの効果が目に見えてわかるそう。

体重計より鏡を見ると、続けるのが楽しくなるはずです。今回ご紹介したコツやアイテムは日常生活で取り入れやすいものばかりなので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

ライター:佐々木 彩子
大学卒業後、商社にて海外貿易業務に従事。その後、株式会社メディアジーンに入社。2011年、女性向けウェブメディア「MYLOHAS(マイロハス)」編集長に就任。2015年よりエキサイト株式会社にて「ウーマンエキサイト」のデスクを担当。出産・育休を経て、フリーランスに。

この記事の監修者

author image

境貴子

美容研究家。1977年、東京生まれ。世界各国にあるエステや美容法を実地検証しながら勉強を重ねる。数々の美容本やコラムの制作に携わる傍ら2010年、ビューティリメディサロン『Salon C』を設立。現在、東京港区2店舗、大阪1店舗の3つのサロンを展開している。2011年、スキンケアオイル『ホットモデリングオイル』の開発にも携わり、マッサージオイル、バスソルトなど、幅広くプロデュース。女性美の探求に努めている。著書に『6秒筋トレダイエット(マガジンハウス)』『6秒の筋トレで、みるみる下半身がやせる本(PHP研究所)』『6秒の筋トレで、おなかと二の腕がスッキリやせる本(PHP研究所)』がある。

pagetop