“1回6秒”の筋トレダイエットvol.2:冬太りの原因と
骨盤のゆがみをチェック!

2018.12.27

冬になると何となくおなか周りに脂肪がつきやすい、と感じている方は多いはず。でも、寒くて外に出るのも運動するのも億劫……。そんなときは家の中でも気軽にできる“1回たった6秒”の筋トレからスタートしてみませんか?

前回に続き『6秒筋トレダイエット』(マガジンハウス刊)の著書で、『Salon C』ビューティディレクターの境貴子さんに、冬に太りやすい原因と、その対策として「おなか痩せのエクササイズ」を教えていただきました。

冬におなか周りが太る“悪循環”を断ち切るには?

お腹周り

そもそも冬に太りやすくなるのは、太りやすい要因がたくさんあるから。年末年始はお酒を飲んだりごちそうを味わう機会も増えてきます。「冬になるとカラダが冬眠体勢に……」などと、ついつい運動不足にもなりがちです。

特に女性に多い「冷え症」の場合、「血流が悪くなり代謝が落ちる」→「筋力が低下する」→「ますます脂肪を蓄える」という悪循環におちいりやすい季節だそう。その悪循環を断ち切るにはどうすればいいのでしょう? その対策の一つは「骨盤のゆがみをケアすること」だと境さんは指摘します。

「骨盤がゆがんでいたり開いていると内蔵を支えられなくなり、下腹がぽっこり出てしまう原因に。また、血の巡りやリンパの流れが悪くなることで新陳代謝が衰え、骨盤周りを囲うおなかや腰回りが太っていくと考えられます」

生理周期によっても骨盤は開閉するといわれていますし、出産経験のある女性はケアをしていなければ骨盤が開いたままということも……。しかしながら、自分の骨盤が開いているかどうかを確認するのは難しそう。

骨盤の開きをセルフチェックする方法は?

自分の骨盤がゆがんでいるかどうかを知るには、まず自分自身の生活習慣を思い出してみましょう。

「脚を組むクセがあるか?」「歯を磨くときの姿勢はどうか?」「バッグはどちらの肩にかけるか?」

おそらく無意識のうちにいつも同じような格好になっている人が大半なのではないでしょうか。その場合、知らず知らずのうちに骨盤のゆがみに影響を与えているかもしれません。

左:つま先が倒れてしまっている足首/右:つま先が天井を向いている足首

骨盤の開きについてもっと手っ取り早く知りたければ、こんな手軽な方法も。

仰向けに寝て、力を抜いた状態で足首の上下の傾き具合をチェックしてみてください。足首がまっすぐになってしまっている(つま先が倒れてしまっている)人は、骨盤が開いている証拠。直角(つま先が天井に向いている状態)の人は、おそらく開いていないでしょう。女性の場合、45度くらいに傾いている人がほとんどです。

冬のおなか太りに悩んでいる方は、これからぜひ骨盤の開きも意識してみてください。

 

ウエスト×背中の6秒筋トレvol.2

そして、おなか周りをスッキリさせるために意識したいもう一つが、「背中」。前回ご紹介したとおり、背中の大部分を占める“広背筋”を鍛えることでくびれができ、代謝アップも期待できます。

特に冬は寒さで背中が縮こまり、前傾姿勢になりがち。姿勢の悪さは骨盤のゆがみにもつながりやすいので、おなかだけではなく骨盤のためにも背中にしっかり筋力をつけましょう。

寒い季節でも家で手軽にできるのが6秒筋トレのいいところ。前回の6秒筋トレと同じように、力を入れるときには絶対に息を止めずに、6秒間は全力で思い切り力を入れ続けてください。

【ウエスト×背中の6秒筋トレvol.2】

1、脚は肩幅に開き、両手・両ひじをつける
つま先は少し外側に向けましょう。両手は水をすくうような形にして、胸の前で両手の小指・両ひじをつけます。

2、両手・両ひじをつけたまま、腕を上げる
ひじが直角以上になるまで腕を上げます。腕があまり上がらない場合は、ムリのない範囲で行いましょう。

一見、簡単そうなポーズですが、実際にやってみると意外とキツイ! 6秒×5回を1日の中で何回かに分けて行います。これを2〜3日に1回続けるだけですが、背中だけではなく、二の腕周りもプルプルしてきます。手軽にできるのに、すぐにその負荷の強さを感じられるこの筋トレで、今年の冬こそおなか太りを撃退しましょう!

 

ライター:佐々木 彩子
大学卒業後、商社にて海外貿易業務に従事。その後、株式会社メディアジーンに入社。2011年、女性向けウェブメディア「MYLOHAS(マイロハス)」編集長に就任。2015年よりエキサイト株式会社にて「ウーマンエキサイト」のデスクを担当。出産・育休を経て、フリーランスに。

この記事の監修者

author image

境貴子

美容研究家。1977年、東京生まれ。世界各国にあるエステや美容法を実地検証しながら勉強を重ねる。数々の美容本やコラムの制作に携わる傍ら2010年、ビューティリメディサロン『Salon C』を設立。現在、東京港区2店舗、大阪1店舗の3つのサロンを展開している。2011年、スキンケアオイル『ホットモデリングオイル』の開発にも携わり、マッサージオイル、バスソルトなど、幅広くプロデュース。女性美の探求に努めている。著書に『6秒筋トレダイエット(マガジンハウス)』『6秒の筋トレで、みるみる下半身がやせる本(PHP研究所)』『6秒の筋トレで、おなかと二の腕がスッキリやせる本(PHP研究所)』がある。

関連記事
recommend
pagetop