働く女性に急増中?!不快なドライマウスの原因とは

2015.03.18

最近、なんだか口が渇いてしまってと感じているあなた。
もしかしたらドライマウスかもしれません。

口臭以外にも、さまざまなそんなトラブルを引き起こすドライマウスあなたは大丈夫?CHECKしてみましょう!

ドライマウスとは?

ドライマウスは、さまざまな要因で唾液の分泌量が減少して、口の中が乾燥する状態のことを指します。

ドライマウスは口の中が乾燥するだけでなく、口内がネバつく、味がよくわからない、乾燥した食品が食べづらい、口臭があるなどの諸症状を伴うここともあります。

ドライマウスの症状としては、以下のものがあげられます。

《ドライマウス(口膣乾燥症)のチェック》

  1. 口の渇きが3ヵ月以上毎日続いている
  2. アゴのしたが繰り返し、あるいはいつも腫れている
  3. 乾いた食べ物を飲み込む際にはしばしば水を飲む
  4. 日中水をよく飲む
  5. 夜間にのどが乾いて水を飲む
  6. 乾いた食品が噛みにくい
  7. 食べ物が飲み込みにくい
  8. 口の中がネバネバする
  9. 口の中が粘ってしゃべりにくい
  10. 口臭がある
  11. 義歯をしているせいで傷つきやすい

当てはまる項目数が多いほど、ドライマウスの可能性が高くなります。

ストレスが原因?!女性に多いドライマウスは身近な悩み

ドライマウスは更年期以降の女性に圧倒的に多いと言われ、全国に3,000万人の患者がいると推測されています。
しかし、ストレスなどの影響で、20代~40代の働く女性にも急増していると言われています。

一般的に、加齢に伴い口の周りの筋肉や歯の衰えから咀嚼力や咀嚼回数が減ることで、
唾液の分泌量が減少
します。

男性が緩やかに減るのに対して、女性は更年期の頃に大幅に減少することもあり、
そのため更年期以降の女性に圧倒的に多くみられます。

しかし、ストレスが大きいと自律神経の交感神経が強く働き、唾液の分泌が抑制されることから、働く女性にドライマウスが急増しているというわけです。

ドライマウスの原因には、加齢、更年期、ストレス、生活習慣などがありますが、さまざまな要因が複合的に絡んで、ドライマウス症状になるケースが多いと考えられています。

高血圧の薬・抗ヒスタミン薬・鎮痛剤・抗うつ薬の副作用による激しい口の渇きが原因となる場合もあります。

また、糖尿病の場合には大量の尿が出ることで脱水症状となり、口が渇きやすくなることでドライマウスにつながる場合もあります。


ドライマウスのおもな原因

  1. 更年期(女性の場合)
  2. 加齢
  3. ストレス
  4. 不規則な生活
  5. 噛まない食生活
  6. 喫煙
  7. 糖尿病や甲状腺などの代謝障害
  8. がんの放射線治療
  9. 抗うつ剤、精神安定剤、睡眠薬、降圧剤など
  10. シェーグレン症候群

周囲の人に口臭で不快な思いをさせないためにも、普段からストレスをためない生活も大切なのですね!

関連記事
recommend
pagetop